無線LANを導入する時の注意点

無線LAN、もしくはWi-Fiという言葉を耳にする機会は、ここ数年でとても多くなりました。
無線LANのLANとは「Local Area Network」の頭文字を取ったもので、ある一定のエリアや建物など中のネットワークのことを指します。

「無線」なので、エリア内であればケーブルなどを接続する必要がなく、自分の持っている無線LANに対応しているスマートフォンやタブレットなどをインターネットに繋ぐことによって、リビングのHDDで撮った動画をお風呂で見たり、複数でゲームを楽しんだりできる、とても便利な仕組みです。
速度は自宅と同じ速さでインターネットが使えて、携帯電話のデータ通信量はかからないことから、普及してきました。
無線LANにするためには、ルーターという、ある一定の範囲内でネットワークの電波の発信を行う基地局の役割の機械を設置が必要です。

無線LANを導入する際の注意点は、セキュリティ対策を行っておく必要があるということです。
無線で電波を飛ばして、いろいろな端末を簡単に繋げることができる、ということは、知らない誰かがこっそりアクセスをしても分からないということです。
そして、ネットワーク内のデータが見られたり、場合によっては、なりすましと呼ばれる不正が行われる可能性もあるのです。

ルーターの管理画面に複雑なパスワードを設定したり、ステルス機能という他から見られないようにするといった、セキュリティ対策をしておくことで、あらかじめ被害を防ぐことができ、安心して使えるようになります。



◇外部リンク
ポケットwifiやフリーwifiのセキュリティに関する情報が読めるサイトです ・・・ ポケットwifi